読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らりるれろ日記

或る感覚、summer endのVoタチバナロンが書くブログ

旅団「サーカス」の行方

或る感覚という邦楽グループは
2月から一ヶ月置きにシングルをリリースしています

タイトルを「HEADPHONE PUNK」として
背番号が現在1.2.とまでふられているシリーズモノなのですが

最新作にして最終作「3」が6月にリリースされまっせってことで今日はこのCDに懸けるマインドを綴ります

そもそもHEADPHONE PUNKというのはなんぞや?という方へごちゃごちゃ説明申し上げますと


俺らミュージシャンは「ものつくり」が仕事で
そしてその成果を生でお披露目するのがライブだと考えています

最近はライブエンターテイメント性にスポットライトを当て過ぎてその光によりステージ上で焼け焦げているグループが大変流行っています
その香ばしさには俺自身熱狂する瞬間はあります
否定はしない

でも俺たちはミュージシャンでありクリエイター、作家なんですね
あくまでも!

俺達はエンターテイナーの作る音楽はやりたくない
ミュージシャンの作る音楽をやりたい

それで一から「作る」ことに没頭したのがこの3作品です



「クリエイターの原点は自室より」


こんなテーマを掲げました
部屋で浮かんだデモをつべこべ考える暇もなくそのままの「鮮度」で届けるような、そんな出来立てのモノを届けたかった


だからレコーディングからマスタリング、はたまたパッケージまでメンバーの部屋でやりました
本当に作ったな、って感じがしたよ
しんどかったよ…


1からやってみて思いましたが
ミュージシャン達がリリースした新曲はあなた方のお耳に届くまでの過程で
色んなプロフェッショナルの手が加わり最高なものになっていくんです


ミュージシャンは1人で音楽を作れてないんですね


エンジニアしかりテックしかり改めてプロは凄いと思いました
でも本当に拘るならそこまで自分でやりたいもんね〜

やり終えて納得してリリースしたけど
既にまだまだやれることあったわって思います
でも鮮度は誰にも負けないCDですね

この鮮度は俺たちの思想であり今回のパンクなんです
だからパンクがヘッドホンから聴こえてくるって意味合いを込めて
「HEADPHONE PUNK」としました

そんでダラダラと語りましたが
今日の本題はここから

1.2とリリースしまして3をリリースするにあたり
実は収録曲を変更しました

聴いてくれた方にはわかるように毎回ボーナストラックで次回予告的なトラックを収録してたんです

2のボーナストラックの曲は
「サーカス」
という曲だった
けど結局3には
「ディスコワルツに花束を」という曲を収録しました

これはアレンジしていく中で「ディスコワルツに花束を」という曲にコンセプト最大の「鮮度」を詰め込めたからなんです

今これをリリースしないとダメだって思い
みんなにワガママを言って独断で収録曲を変えました
ごめんなさい
でもみんな納得してくれましたよ
これがベストだ、って

だからリリースを楽しみにしてて欲しいのよね

サーカスに関しても今後必ず世に出しますので楽しみに待っていて下さいね

最後に
HEADPHONE PUNK1.2.3とても愛おしい作品です
この三つ子をどうかあなた方の耳で目で頭で愛して成長させてあげてください
よろしくね

長文になりましたが
見てくれてありがとうございました
以上!